2008年05月10日

SN390178.jpg

大塔(おおとう)で与那国以来の雨。
昨日は、今朝の高野山のお経を聞こうと、この吉野路大塔の道の駅まで。
一つ前の十津川の道の駅から、40キロ弱。
半分ほどのところで、意識がもうろうとしてきてからは、まさに執念の移動だった。

当然(?)、次の日の高野山のことなど、どうでもよくなってきて、
生きてりゃいつか見に行ける、と、諦めた。

そんな昨日もあったおかげで、夜中から雨が降りはじめ、高野山行きを、あっさり完全にキャンセル。


冷たい雨だ。
重たい雲が、濃い霧になって山にたちこめている。

道の駅が開くのを待って、お店の人に天気を聞くと、明日までこの調子ということ。

ずっと雨なしだったから、恵みの雨なんだよね。
私も、ようやくクールダウン。
浄化の雨だ。


奮発して、道の駅のレストランで500円の牛丼。
なかなか満足。
食べたらだいぶ、温まって落ち着いた。

さて、走るか。
今日は、昨日、熊野本宮の道の駅で知り合った、和歌山、海南、浄土寺の住職さんのところへ。
posted by かわら at 06:19| Comment(0) | 日本の自然を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。