2011年04月19日

チェルノブイリ菜の花プロジェクト講演

おはようございます。

昨日、情報をいただいたのですが、今日の昼から飯坂で、下記のような講演があり、知人に便乗して行ってきます。

菜の花や、ひまわりの、土壌中の放射能を取り込む話は
その後の処理が困りそうだし、あやしそうだと思ってたのですが
実際に活動、研究されてる方の話をきいて、がてんがいくなら、選択肢の一つになるかなと思ってます。

関連してこんな報道もあるみたい。
http://www.shinmai.co.jp/news/20110417/KT110416SJI090001000022.htm


緊急交流会
★NPO「チェルノブイリ救援・中部」の河田先生が、名古屋より来福★

今、聞きたい!
放射線防護と農地再生 菜の花プロジェクト

◎ 日時 4月19日(火)
13:30〜17:00(受付13時〜)
13:30〜       講演
15:00〜 17:00 質疑応答
18:00〜       会食交流会(要予約)

◎ 講師
河田昌東 先生(チェルノブイリ救援・中部理事,四日市大講師) 

エネルギー自給型・農地再生プロジェクト 進行中!
チェルノブイリ救援・中部は18年にわたり、ナロジチへ医療支援を続けてきまし
た。
しかし、医療支援だけでは病気はなくならない。
土壌を浄化し、農業を復興させて、病気の根源を絶ちたい。
被曝→病気→貧困→救援という連鎖を絶ちきりたい。
そんな思いから2006年「ナロジチ再生菜の花プロジェクト」5ヵ年計画がスタート。
土壌放射能を吸収した菜の花から、BDF(バイオディーゼル油)BG(バイオガス)を生み出すプラント工事にも着手しています。

◎会場  飯坂温泉 摺上亭「大鳥」 福島市飯坂町字中の内24−3
(会議室)(電話)024-542−4184

◎参加費 500円

主催 「福島・未来塾すばる」

以下は NPO(特定非営利活動法人)チェルノブイリ救援・中部 さんのホームペー
ジです。
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/

posted by かわら at 08:14| Comment(0) | かわら版 Event Info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。