2011年03月29日

今日という日が最後なら、

郡山に、またSFCつながりの人が来ました。

蝟セ菜さん

映画「今日という日が最後なら、」の監督。
今は、核をテーマにした映画作りで動いていて、郡山にも来ました。

破天荒なおなごに、また出会ったなぁー

普段は京都にいて、
アジトを作ったんですーって、気になったので、情報もらいました。
お知らせOKとのことなので、載せます。

らっかん堂 Luck and Do
場所は、ブログによると、
祇園近くの古い商店街、白川沿いにあるレトロな商店街、だそうです。
ちっちゃな倉庫だったそうで。

今はなき、六館堂 Rock and Do 後、作った、小さなアジトだそうです。
詳しくは彼女の公式ブログで◎

彼女の監督作品「今日という日が最後なら、」は、数日前から全国のTSUTAYAかGEOでレンタル開始だそうです。

郡山の知人情報だと、
Tsutayaは針生ヶ丘(開成)、Geoは八山田の岩瀬書店内は、始まったらしい。
You Tubeで予告編みた。これはみてみたいのー。
posted by かわら at 18:57| Comment(0) | 踊る百姓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。