2008年11月12日

ハルサー1日目、比川のリエさんちへ

朝。お天気になって、畑日よりになりそうである。

ちょっと張り切って、自炊セットを持っていくことにした。
3人分のおにぎりも作った。
おにぎり用のご飯が足りなさそうだったので、自前の玄米を加えて炊く、玄米入りご飯。

剛さんは車、私は自転車、たまちゃんは走って畑に集合。

まずは畑の草むしり。
たまちゃんとおしゃべりしながら。
たまちゃんはさすが、手際もいいし力持ち。
しかも裸足。私もならって裸足。痛いけど気持ちいい!

剛さんは薬草、野草を採集。
畑にたくさん生えているのだ。

お昼、畑にあったゴーヤーやネギ、ニラなどなど使って、その場でままごと調理!
畑のエネルギー満点、天気もいいし、最高に美味しいご飯!

私は自炊セットが役にたって、それだけでとっても嬉しかった。
石垣でさんざ苦労して買って持ってきたガスボンベが、一回も日の目を見ないのかと思っていたのだ。
キャンプ欲求が満たされた。

さらに18日にキャンプする計画が立ち上がった。

休んでいると孫良おじーが来た。
剛さんと同じく、脳卒中で、今も右側が麻痺してうまく動かない。
それでも毎日リハビリをして、健常者と同じくらいの速度で歩ける。
すごいことだ。

もとはとてもおしゃべりな人だったらしいが、一人暮らしなので話し相手も少なく、言葉のリハビリは進んでいないとのこと。
これから話すリハビリついでに、畑に毎日来てくれるらしい。

話すのに不自由していても、孫良さんはとてもいい人だというのがわかる。
畑の手伝いもしてくれたし、差し入れもくれた。

みんなで助け合うのがとてもいい。

この日は草むしりをして、土おこしも少しすすめた。
たまちゃんは仕事が速くて、すごく助かった。

刈った草はみんな堆肥にする。
集めて外に積み上げた。
後でEM菌をかけて発酵させるとのこと。


帰ってから、比川のリエさんちに呼ばれて行く。
てびちのおでん鍋。ま〜さん!
しばらくは、ヤスさんと、リエさん、3人で鍋を囲み団欒。

あゆみちゃんも来て、ともえさん、たまちゃん、ふみかちゃんと、ほとんど女の園。
本当は、もりやんも来る予定だったのだけれど、体調不良でお休み。

リエさんちには、テトという小さな爺さんパピヨンがいる。
ヤスさんとは犬猿の仲である。

そのテトと、真夜中近く、あゆみちゃんと散歩して浜へ。
やはり、比川浜の夜は好きです。
ちょうど満月も近くて、明るい。
4月を思い出すなぁ。
posted by かわら at 21:55| Comment(0) | 与那国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。