2008年05月12日

再び四国へ

関西ダンスクラスには、ゆい君も一緒に来てくれた。
ゆい君には、なんだかいろいろと正直に話したくなる。
彼が、正直に生きているからだろう。

応援したい、という意味で、気になる存在がまたできた。

住さんの家では2泊お世話になり、和歌山の港から、徳島へ。

徳島では、鳴門を経由して香川県に。
香川に入る一番大きな目的は、さぬきうどん!
よっぽど食べたかったので、東かがわに入ってすぐ、うどん屋に入って食べる。
太麺だったけれど、全体的に美味しい。

今回、四国に来たのは、剣山に登るのが一つの大きな目的だった。
なんと、香川県はこのうどんでおしまいで、すぐに徳島の阿波に戻り、剣山をめざす。

途中、やはりお遍路さんへのお接待をする方々から、ありがたい差し入れやアドバイスをいただく。

SN390181.jpg

香川に入る直前で、軽トラのおじちゃんがくれた「とりいれ」。
かまぼことはんぺんのあいのこ?魚のねりもので生っぽい。
ちょうどよい塩加減でおいしい。
本当は真ん丸ですが、私が食べたのでこの形。
SN390180.jpg



しかし、お遍路道と、そうでない場所は、やはり少し温度差があるみたいだった。

貞光の道の駅で野宿。
なんだか、少し怪しい雰囲気が漂っていた。


SN390179.jpg

人面虫(じんめんむし)。
四国に入ってから、わりと長くお供をしてくれた。
posted by かわら at 22:12| Comment(0) | 日本の自然を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。